【焼肉屋が紹介】カレーにオススメの牛肉の部位はこれ!

ビーフカレーにおすすめの部位

子供からお年寄りまでほとんどの人が大好きなカレー。

 

そんなカレーには家庭ごとに使うお肉や野菜が違うなど、様々な作り方があります。

 

しかし様々な作り方があり、なんでも美味しくなるからこそどのお肉を使うかで迷ったことはありませんか?

 

そこで今回は、ビーフカレーを作る場合の牛肉のおすすめの部位をご紹介します。

 

部位を変えるだけでカレーの味も劇的に変化するのでぜひお試しください。

カレーにおすすめの牛肉7選

 

ビーフカレーにおすすめの牛肉の部位を7つ紹介します。

 

どの牛肉の部位を使うかによって仕上がりも変化してくるので、

 

ぜひご自身の好きな部位をみつけてみてください。

 

 

カレーにおすすめの牛肉部位:ばら肉

牛肉の中でもっとも脂がのっている部分です。

 

カレーの中に入れて煮込むと、脂の甘味がとけだしトロっとしたカレーに仕上がります。

 

薄切りでも角切りでもどんな食べ方にも向いてます。

 

ぜひお試しください。

 

 

カレーにおすすめの牛肉部位:もも肉

カレーに使用する牛肉では最も一般的なのがモモ肉です。

 

他の牛肉に比べると比較的安価で入手することができます。

 

赤身肉なので脂は少なく、カレーに牛肉本来の旨味を加えるイメージです。

 

薄切り肉ではさっと火を通して、熱く切った場合はじっくり煮込んでいくことを意識しましょう。

 

 

カレーにおすすめの牛肉部位:肩肉

きめ細かく肉質が柔らかな肩肉は薄切りはもちろん、角切りの煮込み料理にも適しています。

 

脂肪がほどよく分散しているので、脂の甘味と牛肉の旨味がバランスよくカレーの中に溶けだします。

 

いつもと違ったカレーを楽しみたい方におすすめです。

 

 

カレーにおすすめの牛肉部位:切り落とし肉

上でご紹介したばら肉やモモ肉、肩肉など様々な部位が入っています。

 

牛肉の部位を単体で使ったときの風味や旨味には及びませんが、それぞれの良いとこどりのカレーを作ることも可能です。

 

スーパーなどでも手に入りやすく、価格が安いのも魅力です。

 

 

カレーにおすすめの牛肉部位:ひき肉

実はカレーにひき肉を使うこともお勧めです。

 

ひき肉は直ぐに火が通るので、時間をかけずにカレーを作ることができます。

 

また牛肉の旨味がカレー全体に広がりやすく、値段も最も安いです。

 

 

カレーにおすすめの牛肉部位:すね肉

すね肉は牛肉の中でも筋が多く、肉質は硬めです。

 

しかしじっくりと煮込むことによって、ゼラチンのように柔らかくプルプルとした食感になります。

 

カレーが出来上がるまでに時間はかかってしまいますが、牛肉の旨味がカレーに一番強く映るのがすね肉です。

 

時間がある時に挑戦してみてください。

 

 

カレーにおすすめの牛肉部位:すじ肉

牛すじ煮込みなどで定番の牛すじ肉。

 

カレーに入れることで、牛すじ肉の持つ旨味がカレーの中に溶けだし風味豊かなカレーに仕上がります。

 

短時間で煮込むと少し歯ごたえが、長時間煮込むととろとろとして口に入れた瞬間とろけます。

 

価格も安いのでお気軽に試すこともできます。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

ビーフカレーは使う部位を変えるだけでも仕上がりはまるで違ってきます。

 

どの部位が一番お気に入りなのかぜひおためしください!