【おうち時間】ホットプレートで焼肉を焼く時のコツ

家焼肉を美味しくするには?

社会情勢もあり、おうちでホットプレートを使った焼肉も増えてきたのではないでしょうか?

 

しかしホットプレートを使った焼肉では、お店と同じお肉をそろえても全く同じ味にはならないというお声も多くいただきます。

 

そこで今回は、お肉のプロである焼肉屋がご家庭で焼肉を行う際のコツをご紹介します!

 

難しい技術や道具は必要ないので、ぜひお試しください!

 

 

ホットプレート焼肉下準備のコツ

実際にホットプレートで焼肉をする前に下準備が重要になります。

 

下準備をするだけで、ホットプレートの焼肉の味が良くなるのでぜひしてください!

 

コツ:お肉を常温に戻しておく

ホットプレートの焼肉の一番の敵は焼きムラです。

 

火の通り方にムラができると焼肉の味も落ちてしまいます。

 

そのため焼肉をする30分〜1時間まえに冷蔵庫からだしお肉を常温に戻しておきましょう。

 

コツ:野菜を電子レンジで加熱する

ホットプレートでの焼肉は焼肉店で食べるのと違い、温度にムラがあり一定ではありません。

 

ホットプレートで生のままの野菜を焼いても、中まで火は通りにくく表面だけが焦げてしまうということも多いです。

 

そのため玉ねぎなど火の通りにくい野菜は、あらかじめ電子レンジで加熱しておきましょう。

 

コツ:ホットプレートを温めておく

ホットプレートで焼肉をする際の最適な温度は150〜200℃です。

 

この温度では生焼けや焦げすぎることなく、しっかりとお肉を焼くことができます。

 

最初に温度を保っておくだけで完了です。

 

 

ホットプレート焼肉中のコツ

下準備をしっかりとした後はいよいよ焼く工程です。

 

コツ:焼いた後の脂はふき取る

ホットプレート焼肉では、お店の焼肉と違いお肉から出た脂が落ちる場所がありません。

 

そのためお肉を連続で焼き続けると次のお肉に脂がうつり、脂っこくなってしまいます。

 

そこでカルビなど脂の多いお肉を焼いた後は、ホットプレートの後をふき取るようにしましょう。

 

こうすることでそれぞれのお肉の味を楽しみつつ、汚れも防ぐことができます。

 

コツ:お肉は引きずり焼きがベスト

ホットプレートはいくら温度を高く保っていてもお肉を置いた場所から一気に温度が下がってしまいます。

 

そのためお肉を一か所に置いておくと温度にムラができるので美味しく焼くことができません。

 

そこでお肉を温度の高いところに移動させる引きずり焼きがおすすめです。

 

一回お肉を置いた後、ジュ―っという音がしない場合は移動させて常に高い温度の場所で焼くようにしましょう。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回はホットプレートで焼肉をする際のコツについてご紹介しました。

 

今回ご紹介したコツを利用するだけでおうちの焼肉の味は格段に良くなるのでぜひお試しください!