癖のないホルモンはどこ?ホルモンに挑戦するならどの部位がオススメ?

初心者にオススメのホルモンをご紹介!

みなさんはホルモンがお好きですか?

 

ホルモンは好き嫌いがわかれる食材であり、癖が苦手という方も多くいます。

 

ただ、そんな人でも「子供の頃は苦手だったけど大人になって食べたら美味しかった」という場合があります。

 

そのため、改めて食べてみたら美味しく感じるかもしれません。

 

とはいっても、いきなり挑戦するのは怖いもの。

 

そこで今回は焼肉屋がホルモン初心者の方におすすめの癖のないホルモンをご紹介します!

 

百聞は一見にしかず、ぜひお試しください。

ホルモン初心者にオススメのホルモン選

 

ホルモンをあまり食べたことない、ホルモン初心者の方がホルモン挑戦するときにオススメのホルモンをつご紹介します!

 

癖のないホルモンや食べやすいホルモンをご紹介していくので、ぜひお試しください。

 

 

定番のテッチャン(シマチョウ)

テッチャン(シマチョウ)は牛の大腸のことです。

 

皆さんがイメージされるホルモンの代表格であり、脂の旨味と皮のクニクニした食感を楽しめます。

 

実はこのテッチャンは下処理に手間がかかるので、下処理を怠ると癖が強くなり本来のおいしさを楽しめません。

 

食べ放題などで出されるテッチャンは下処理が不十分な場合もあり、これが原因で苦手意識を持つ人も多いです。

 

しかし完全に下処理が出来れば、癖のない旨味が詰まったテッチャンを食べることができます。

 

テッチャンはこちらの記事でもご紹介しております。

 

 

食感が楽しいハツ

ハツは牛の心臓のことです。

 

心臓はホルモンにあるような癖がなく、コリコリとした食感がとても美味しい部位です。

 

良い意味でホルモンらしいお肉ではないので、ホルモンが苦手と言う方でもハツは食べられるという声もよく聞きます。

 

何から始めようか迷ったら癖のないハツからがオススメです。

 

 

実はホルモンのハラミ

ハラミは一見普通のお肉に見えますが、実はホルモンです。

 

横隔膜の筋肉であるハラミは、しっかりとした食感と甘味の豊富な脂が特徴で赤身肉のような味わいを楽しめます。

 

また牛一頭から3キロほどしか取れない希少部位でもあります。

 

ホルモンを食べることになった時にはぜひお試しください!

 

ハラミはこちらの記事でもご紹介しています。

 

 

コリコリしたセンマイ

牛には4つの胃があり、センマイは牛の3番目の胃のことを指します。

 

脂は無く、コリコリとした食感とほのかな旨味を楽しむホルモンです。

 

焼肉屋ではさっとゆでたセンマイ刺しで食べることが多く、あっさりと食べることができます。

 

またカロリーもホルモンの中で一番カロリーが低いので、ダイエット中の方にもおすすめです。

 

センマイはこちらの記事でもご紹介しています。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

ホルモン初心者の方にはハードルの高いと思われがちですが、

 

癖がなく食べやすいホルモンもあります。

 

ぜひ今回ご紹介したホルモンをご賞味ください!