モツとホルモンの違いって?

モツとホルモンの違いを解説!

モツ鍋やモツ煮込み、ホルモン焼きなどはとても有名な料理です。

 

このモツとホルモンという呼び方は両方内臓を表す言葉ですが、違いがあるのはご存知でしょうか?

 

今回は、一緒だと思われがちなモツとホルモンの違いについて解説します。

 

 

 

 

 

モツは内臓部位の総称

「モツ」は牛や豚や鶏など肉の種類に限らずすべての内臓の総称として使われています。

 

モツ煮やモツ煮込みなどのように、煮込まれている料理に使われていることが多いです。

 

またモツ煮込みに代表されるように、内臓のあらゆる部位を使って料理が作られている場合が多く、バリエーションに富んでいます。

 

 

ホルモンは牛や豚の腸の呼称

モツが内臓の総称であることに対し、ホルモンは牛や豚の腸の呼称となります。

 

そのためモツに比べて、対象がより限定的になっています。

 

またホルモン焼きや焼肉など、火で焼く料理の名前としても使われています。

 

しかし定義としては腸を指しますが、焼肉屋や専門店では腸以外の内臓でもホルモンとして扱っている場合も多いです。

 

 

ホルモンの由来は関西から

 

ホルモンの由来は、関西弁の「放るもん」からきているとされています。

 

昔は、正肉以外の肺や腸などの内臓はすべて廃棄されていました。

 

しかし、関西で内臓を食べる食べ方が広まりそれ以降好んで食べられるようになり、

 

その際に呼称の「放るもん」が転じて「ホルモン」になったと言われています。

 

しかし、このように由来は関西なので関東ではホルモンという単語を使わずにモツと呼ばれていることもあるようです。

 

 

焼肉屋で定番のホルモン

最後に焼肉屋で定番のホルモンメニューをご紹介します。

 

レバー

 

レバーは肝臓ですが、焼肉屋ではホルモンとして扱われていることが多いです。

 

ビタミンAや鉄分などが豊富で、濃厚な味わいのレバーは人気部位の一つです。

 

テッチャン

 

シマチョウとも呼ばれるテッチャンは牛の大腸のことで、もつ鍋に使われることも多い部位です。

 

ホルモンと言えばテッチャンというイメージの人も多いのではないでしょうか。

 

牛肉のモツ脂の旨味をダイレクトに楽しめる非常に人気の高い部位です。

 

ミノ

 

牛の第一胃であるミノは焼肉屋の定番メニューの一つです。

 

とても歯ごたえのある部分で、あっさりとした味わいとコリっとした食感が人気です。

 

 

このほかにも様々な部位があるのでぜひお楽しみください。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

モツとホルモンの違いはありますが、厳格なものではありません。

 

ぜひ呼び方にこだわることなく、お肉をお楽しみください。