肉じゃがには牛肉?豚肉?違いも解説

肉じゃがに使うお肉の違いとは?

自分の好きな肉じゃがを思い浮かべてみてください。

 

どんなお肉が使われていますか?

 

実は肉じゃがで使われるお肉は主に牛肉と豚肉に分けています。

 

そこで今回は肉じゃがに使われるお肉の違いをご紹介します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関東は豚肉、関西は牛肉を使う

 

実は肉じゃがに使うお肉は、関東は豚肉、関西は牛肉と真っ二つに分かれています。

 

もちろん家庭によって違いはありますが、大多数がこの通りに肉じゃがを作っています。

 

明確な理由は判明していませんが、食生活が関連していると言われています

 

それでは、牛肉で作った肉じゃがと豚肉で作った肉じゃがの味わいにはどのような違いがあるのでしょうか。

 

こちらをご紹介します。

 

 

豚肉で作る肉じゃがの特徴

豚肉で作った肉じゃがは素朴な味わいが魅力です。

 

牛肉程味が濃くなく、脂も甘みがありさらっとしている豚肉は比較的あっさりとした肉じゃがに仕上がります。

 

味が濃すぎないため、カレーにしたりといろいろなアレンジができるのも人気の秘密です。

 

また豚肉の脂は冷えてもぼそぼそと固くなりにくいため、お弁当に入れるのもお勧めです。

 

 

牛肉で作る肉じゃがの特徴

牛肉で作った肉じゃがは濃くしっかりとした味が魅力です。

 

牛肉の特有のコクや甘みが染み出し、ジャガイモにも旨味がしっかりとしみこみます。

 

そのためご飯のおともにピッタリの味がしっかりついた肉じゃがを作ることができます。

 

肉の旨味をしっかりと出したいときには牛肉を使うことがお勧めです。

 

 

肉じゃがにおすすめの部位

 

肉じゃがに使うお肉のおすすめの部位は、牛肉と豚肉両方とも切り落としや薄切り肉がお勧めです。

 

お肉が固くなりすぎる前に味がしみこみやすいからです。

 

また脂と赤身の割合が半々くらいのものを選ぶとお肉の旨味と脂の甘味のバランスが取れるので、そこも意識して選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

肉じゃがは家庭ごとに特徴があり、これといった正解はありません。

 

しかしいつもと違ったお肉で作ると新しい発見もあるのでぜひお試しください。