【焼肉屋が解説】シャトーブリアンってどこ?特徴は?完全解説!

シャトーブリアンを徹底解説!

テレビなどでもたびたび取り上げられるシャトーブリアン

 

そのためとても高級で美味しいお肉というイメージはみなさん持っていると思いますが、

 

どこの部位でどんな特徴があるのか知っている人は少ないのではないでしょうか?

 

そこで今回はとても有名なお肉、シャトーブリアンを徹底解説します!

 

 

 

 

 

シャトーブリアンとはヒレ肉の希少部位のこと

シャトーブリアンとはヒレ肉の中でも中央部にある芯のことを言います。

 

ヒレ肉の中でも最も厚みがあり、きめ細かく肉質が柔らかい部位です。

 

ヒレ自体が牛肉1頭から4キロほど、牛全体の3%しか取れないのにも関わらず、

 

シャトーブリアンは4キロの中から更に600グラムほどしか取れません。

 

まさに牛肉の最高級部位と言えます。

 

 

シャトーブリアンの名前の由来は?

 

シャトーブリアンという名前を特徴的だとおもったことはありませんか?

 

実はこのシャトーブリアンという名前はフランスからきています。

 

19世紀初頭にフランスの政治家「フランソワ=ルネ・ド・シャトーブリアン」が料理人に銘じて、シャトーブリアンをステーキにしたのが名前の由来とされています。

 

そのあまりのおいしさに感動した彼はよく食べていたそうです。

 

「シャトーブリアン」のお気に入りの肉だったので、そのまま彼の名前が付けられました。

 

19世紀から美味しいとされているとても歴史のある部位だということがわかると思います。

 

 

シャトーブリアンは最も柔らかい赤身肉

実はシャトーブリアンはサーロインのようなサシは入っておらず、赤身肉です。

 

しかし、牛肉の中でもっとも運動量が少ない部位のためとても柔らかくなっています。

 

最高級のシャトーブリアンは箸で切ることができるほど柔らかいともいわれています。

 

驚くほど柔らかいので、大同門ではシャトーブリアンを厚切りのステーキにして食べることをおすすめしています。

 

口いっぱいに入れても一瞬で消えて、牛の旨味だけをダイレクトに味わうことができます。

 

 

シャトーブリアンのカロリー

 

シャトーブリアンは赤身肉のため、実はカロリーはとても低くなっており、233キロカロリーです。

 

サーロインの498キロカロリーなどと比べるとカロリーの低さがわかると思います。

 

そのためダイエット中の贅沢なご褒美にオススメで、お肉のカロリーを気にすることなく存分に楽しむことができます。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回は超有名部位であるシャトーブリアンを解説しました。

 

ぜひ機会があればご賞味ください。