【焼肉屋が解説】赤身と霜降り肉の違いって?

赤身肉と霜降り肉の違いを徹底解説

赤身肉と霜降り肉は、どちらが好きかで好みがわかれるポイントでもあります。

 

ヘルシーな赤身肉とジューシーな霜降り肉というイメージを抱いている人がほとんどだと思いますが、

 

今回は赤身肉と霜降り肉の違いについて、焼肉屋がより詳しく徹底的に解説していきます。

赤身肉、霜降り肉は牛肉の総称

 

よく聞く赤身肉や霜降り肉という言葉は、特定の部位に使われるのではなく、その特徴を持つお肉の総称として使われます。

 

そのため、一口に赤身肉や霜降り肉と言っても違いがあるのですが、

 

今回は主な特徴とその違いをご紹介していきます。

 

 

赤身肉とは?

赤身肉とは、その名前の通り見た目が赤い色のお肉の総称として使われます。

 

赤身肉は基本的に筋肉のため、脂肪が少なく牛肉が持つ本来の旨味や香りを楽しむものになっています

 

また歯ごたえがしっかりとしており、口に入れた時に弾力が感じられる食べ応えのあるものが多いです。

 

海外で出されるステーキなどは赤身肉であることが多く、牛の旨味をダイレクトに味わえるものになっています。

 

 

霜降り肉とは?

霜降り肉とは、サシと呼ばれる網状の脂肪が多く入っているものです。

 

脂肪が赤身の中にまばらに散らばっているため、肉質はとても柔らかく脂の旨味を存分に楽しむことができます

 

また赤身と脂のバランスが最適なため、脂の甘味と肉の旨味の両方を味わうことができます

 

日本でとても人気があり、霜降り肉は日本発祥と言っても過言ではありません。

 

そのためこれまで赤身肉が主流の海外では人気がありませんでしたが、最近では海外でも「wagyu」として人気が出てきています。

 

 

それぞれのおすすめの食べ方

赤身肉と霜降り肉は、総称ですがそれぞれに一般的に適した食べ方があります。

 

赤身肉は、牛肉の旨味をダイレクトに楽しむためにステーキなどのガッツリとした食べ方がお勧めです。

 

こうすることで赤身肉の食べ応えや旨味を存分に楽しむことができるからです。

 

一方で、霜降り肉はすき焼きやしゃぶしゃぶなどの薄切り肉で楽しめます。

 

霜降り肉は薄切りにしても脂の旨味が強いため、十分に楽しむことができるからです。

 

しかし、もちろん赤身肉を薄切りにして食べる場合も、霜降り肉をステーキにして食べる場合もあります。

 

大事なのは、ご自身で食べたい食べ方を選択することです。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

赤身肉と霜降り肉の違いがわかっていただけたかと思います。

 

一度しっかりと食べ比べてみると面白いですよ!