牛肉を焼くのにオススメの油は?

牛肉におすすめの調理油をご紹介!

 

牛肉を焼く際にどの調理油を使えばいいのか迷ったことはありませんか?

 

そこで今回は、焼肉をご家庭で焼く際のおすすめの調理油をご紹介します。

 

それぞれの油に特徴があるのでぜひ参考にしてください。

 

 

 

サラダ油

迷ったら料理の定番、サラダ油を使うようにしましょう。

 

味や匂いに癖のないサラダ油はお肉本来の味を邪魔することないので、汎用性があります。

 

冷えても固まることはないので、調理後すぐに食べない場合などはサラダ油を利用するようにしましょう。

 

 

オリーブオイル

オリーブオイル最大の特徴は、その芳醇な香りです。

 

牛肉にオリーブオイルの香りを加えることで洋風の味に仕上げることができます。

 

またオリーブオイルは悪玉コレステロールを減らす特徴もあるので、健康にも気を遣えるまさに一石二鳥の油になっています。

 

ただ風味が強く残るので何を作るかに合わせて使うか使わないかの判断をするようにしましょう。

 

 

ごま油

中華料理などに多く使われるごま油は、その香ばしい香りが特徴です。

 

ごま油で牛肉を炒めることで香りに奥行きを持たせることができます。

 

ごま油には豊富なビタミンが含まれているので健康には良いですが、カロリーも高くなっているので摂りすぎには注意しましょう。

 

プルコギなど韓国風にしたいときは必須の油です。

 

 

牛脂

牛脂はその名の通り牛肉の油です。

 

牛の風味が詰まっているので、牛肉の風味を補完することができます。

 

すき焼きのときに使えば、牛肉のみならず野菜などにも旨味がいきわたるのでお勧めです。

 

スーパーなどで無料で配っていることもあるのでぜひチェックしてみてください。

 

 

バター

バターを使うことで牛肉にまろやかな風味をつけることができます。

 

洋風の味付けには欠かせない油です。

 

ただ卵や牛乳が含まれているため焦げやすくなっているので、炒め油ではなくサラダ油など

 

クセの少ない油と一緒に香り付として使うことをオススメします。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

炒める際の油を変えるだけで味が変わるところが、調理の難しいところでもあり楽しいところでもあります。

 

ぜひご自身の料理に合わせて調理油も使い分けてみてください!