【焼肉屋直伝】硬いお肉を美味しく食べるコツ

硬いお肉を柔らかく美味しく食べるには

安いお肉や買ってから時間がたったお肉は、硬いというイメージはありませんか?

 

実際に特売などで買ったお肉は、ブランドのお肉に比べて硬くなってしまい、

 

そのままではブランドのお肉の味には及びません。

 

しかしいくつかの工夫をすることで硬いお肉でも十分に柔らかく、美味しく食べることができます。

 

どれも簡単なのでぜひおためしください。

 

 

 

下処理と調理時にコツがある

 

硬いお肉を柔らかくするコツは調理前の下処理と調理で2か所あります。

 

そのためここでは2つの段階を分けてご紹介します。

 

 

下処理時のコツ

下処理は硬いお肉を柔らかくするうえで、一番大事なポイントです。

 

硬いお肉を柔らかくする方法にはお肉の種類を問わずいくつかあるのでここでは複数ご紹介します。

 

試しやすいものから試してみてくださいね。

 

コツ〜^櫃紡个靴匿眥召棒擇

 

お肉には筋繊維と呼ばれる繊維が入っています。

 

安いお肉はこの繊維が多いことが多く、そのまま調理すると硬くなってしまいます。

 

そこでお肉の繊維に対して垂直に包丁を入れることで繊維が切断されるため固くなりにくくなります。

 

その分切りにくくなるので、切れ味の良い包丁でお肉を切るようにしましょう。

 

 

コツ∩澗里魘儖譴砲燭燭

 

お肉の全体を均一に叩くことでも筋繊維が破壊されるので、硬くなりにくくなります。

 

また叩くことで表面積が増えるので食べ応えも増します。

 

ミートハンマーは勿論、包丁の背やめん棒などでもよいので全体をたたくようにしましょう。

 

強くたたきすぎるとお肉が傷むので力加減には気を付けてください。

 

 

コツ食品・調味料を使う

 

玉ねぎやパイナップルなどにはお肉を柔らかくする成分が豊富に含まれています。

 

これらの食品に漬けておく、一緒に調理することでお肉を柔らかくして美味しく食べることができます。

 

またその食品の風味などが加わるのでステーキなどにも最適です。

 

詳しくはこちらの記事でご紹介しているのでぜひおためしください。

 

お肉を柔らかく仕上げる食材・調味料11選

 

 

調理時のコツ

お肉は火を通しすぎたり、肉汁を全部逃してしまうと硬くなってしまいます。

 

スーパーなどのお肉は特に筋などが多いのでその傾向が強いです。

 

しかし火を通しすぎず、肉の中の水分を保つことを意識すれば硬いお肉でも柔らかくすることができます。

 

それにはいくつかの方法があります。

 

 

コツ,肉を常温に戻す

 

冷蔵庫から出したばかりの冷たいお肉を焼くと、表面だけしか焼けてない、焼けすぎたという問題が起きがちです。

 

これは温度にムラができているのが原因です。

 

そのため調理前の30分前には冷蔵庫から出し常温に戻しておきましょう。

 

 

コツ塩コショウを直前に振る

 

塩コショウを振るとお肉の中の水分が抜けやすくなります。

 

調理まで時間がある時に振るとそれだけでパサつく原因になるので、調理の直前に振るようにしましょう。

 

 

コツ6火で一気に加熱

 

長時間加熱を防ぐためにまずは強火で表面を短時間加熱します。

 

こうすることでお肉の中に水分を閉じ込めることもできるので、火の通りすぎの肉汁の漏れを防ぐことができます。

 

 

コツね焦を利用する

 

調理で中まで火を通す必要はありません、余熱を利用しましょう。

 

短時間で一気に加熱した後にアルミホイルで包み、お肉を休ませるようにしましょう。

 

すると中まで火が通り、肉汁もお肉になじむので良いことずくめです。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

硬いお肉でも工夫次第で柔らかく仕上げることができます。

 

今回ご紹介したコツを一つでも実践すれば変わってくるのでぜひお試しください!