ソーセージの皮の原料って?人口と天然がある!

ソーセージの皮の原料を徹底解説

子供から大人までみんな大好きなソーセージ。

 

ソーセージ最大の特徴と言えば皮です。

 

パリッとした皮から柔らかい皮まで様々な種類があります。

 

そんな特徴的な川ですが、原料が人口のものと天然のものがあることはご存知ですか?

 

今回はそんなソーセージの皮について徹底解説します!

 

 

 

 

 

天然腸のソーセージ

天然腸のソーセージは主に羊腸、豚腸、牛腸の3種類があります。

 

その最大の特徴はパリッ、プリっと肉汁と共にはじける食感です。

 

自然の中で育てられた羊や豚の腸は、色や太さにばらつきが出やすく同じ形の商品を作るのは難しくなっています。

 

しかしその分薄くて丈夫であり、通気性があるため中に詰めるお肉と密着性が高くなります。

 

これが食感の秘密です。

 

おすすめの食べ方

 

ゆでる

パリッとした歯ざわりを楽しむには短時間のボイルが最適です。ゆですぎると硬くなりすぎるので注意しましょう。

 

煮込む

ポトフやシチューなどスープに入れて煮込むことで、ソーセージの旨味が溶けだし野菜などにしみこみます。

煮込み料理を作る時はぜひ天然腸のソーセージをお使いください。

 

焼く

網やフライパンで焼くことで、香ばしい旨味と食感が楽しめます。

ただゆでた時ほどの食感は無いので、お好きなほうをお選びください。

 

天然腸で有名なソーセージ

 

以下のソーセージは天然腸として売り出されています。

 

どれも有名なので皆さん一度は口にされたことがあると思います。

 

アルトバイエルン(伊藤ハム)

 

香薫(プリマハム)

 

シャウエッセン(日本ハム)

 

 

人工の皮のソーセージ

動物性たんぱく質やコラーゲンを原料として作られた皮のことをさします。

 

天然の皮と違い、噛み切りやすく食べやすいので老若男女問わず食べやすいソーセージです。

 

このソーセージ最大の特徴は、経済的でありまた品質と供給が安定的に行えること。

 

工場で生産を行えるため、天然腸とは違い同じ形・長さ、同じ食感のソーセージを作ることができます。

 

原料も腸と違い安定して入手できるので価格も安くなっています。

 

 

おすすめの食べ方

 

総菜パン

人工皮のソーセージは曲がりが少なく、仕上がりが同じためホットドッグなどの総菜パンを作るのに適しています。

 

料理全般

味に癖のない人工のソーセージは料理全般に利用できます。

スープはもちろん炒め物などに使えるので、お肉の代わりに利用できます。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

ソーセージは天然と人工の2種類があり、それぞれに特徴があります。

 

料理に合わせてお好きなものをお選びください